2012年04月05日

サイトカイン


サイトカインとは(A)から分泌された(B)を持つ(C)のタンパク質である。サイトカインは対応レセプターと結合力が高く、低濃度でも生理活性作用を示す。作用の方式としては、産生細胞と目的細胞が同じである(D)、産生細胞の近くに目的細胞がある(E)、目的細胞が遠くにあり、血液循環を通して作用する(F)に分けられる。作用の共通点には(G)、(H)、(I)、(J)がある。

(A)細胞(B)生物活性(C)小分子(D)autocrine(E)paracrine(F)endocrine(G)pleiotropy(H)redundancy(I)synergy(J)antagonism cf. 多機能性(pleiotropy)機能重複(redundancy)


サイトカインのpleiotropyとは、同一のサイトカインが(A)細胞に対して、(B)役割をはたすことである。例えば、(C)には(D)という作用がある。redundancyとは、(E)サイトカインが(F)細胞に作用し、(G)働きをすることである。例えば、(H)。synergyとは、(I)のサイトカインが働き、(J)。例えば、(K)。antagonismとは、(L)である。例えば、(M)。多くのサイトカインが共に存在し、互いの働きを促進したり抑制し、複雑な(N)を形成している。

(A)異なる(B)異なる(C)IFN-γ(D)マクロファージの活性化とTh2細胞の抑制(E)何種類かの(F)同一の(G)同じまたは類似した(H)IL-4とIL-6が共にB細胞の増殖を促進する(I)二種類以上(J)あるサイトカインが他のサイトカインの働きを増強することである(K)IL-3とIL-11が協調して働き、造血幹細胞を刺激し分化成熟させる(L)一種類のサイトカインが他のサイトカインの働きを抑制することである(M)IFN-γはTh細胞を刺激しTh1細胞へと分化させるが、IL-4はこの働きを抑制する(N)サイトカインネットワーク


サイトカインには(A)、(B)、(C)、(D)、(E)、(F)などがある。

(A)IL(インターロイキン)(B)IFN(インターフェロン)(C)TNF(腫瘍壊死因子)(D)CSF(コロニー刺激因子)(E)chemokine(ケモカイン)(F)GF(成長因子)


ILとは主に(A)などの白血球が産生し、白血球に作用するサイトカインである。IL-1の主な産生細胞は(B)で、免疫に関しては(C)と(D)という作用を持つ。高濃度の場合は(E)や(F)という作用がある。

(A)T細胞(B)マクロファージ(C)T細胞活性化、NK活性の増加(D)Bの増殖と抗体産生を促進(E)発熱(視床下部の発熱中枢に作用)(F)新陳代謝促進 cf.体温の上昇で、リンパ球の分裂が促進。病気に対応。


IL-2の産生細胞は(A)である。(B)という作用方式がある。主な作用には、(C)、(D)、(E)、(F)がある。

(A)活性化T細胞(B)autocrineとparacrine(C)T細胞の増殖、およびサイトカインの分泌を促進(D)NK活性を増強(E)B細胞増殖と抗体産生促進(F)活性化T細胞のアポトーシスを誘導(正のシグナルがない場合)


IL-4の産生細胞は主に(A)で、その他にも(B)や(C)も産生する。機能には(D)、(E)、(F)、(G)、(H)などがある。

(A)Th2細胞(B)肥満細胞(C)好塩基球(D)B細胞の増殖分化を促進(E)IgG1とIgEの産生を誘導(F)Th0からTh2への分化を促進(G)Th1活性化の抑制とサイトカインの分泌を抑制(H)IL-3と協調して肥満細胞の増殖を誘導


IL-10の産生細胞には(A)や(B)がある。機能には(C)、(D)などがある。

(A)Th2(B)活性化マクロファージ(C)T細胞からIL-2、INF-γの産生を抑制(D)マクロファージのMHC-U分子およびB-7分子の表現を抑制
Cf.IL-10の主な作用はサイトカイン産生の抑制である。
 B7分子は抗原提示細胞上の発現する分子でB7-1(CD80)とB7-2(CD86)がある。T細胞のCD28と結合する。


IL-12の産生細胞には(A)、(B)や(C)がある。機能には(D)、(E)、(F)、(G)、(H)などがある。

(A)活性化単球(B)マクロファージ(C)B細胞(D)NKの傷害作用を増強(E)T/NKからIFN-γの産生を促進(F)CTL活性を増加(G)Th0からTh1への分化を促進(H)Th0からTh2への分化を抑制


抗ウィルス活性を誘導する物質に(A)がある。この(A)には(B)と(C)があり、(B)には(D)と(E)、(C)には(F)が属する。(B)の由来細胞は(G)で刺激物質は(H)である。(C)の由来細胞は(I)で刺激物質は(J)である。

(A)インターフェロン(IFN)(B)T型(C)U型(D)IFN-α(白血球型IFN)(E)IFN-β(線維芽細胞型IFN)(F)IFN-γ(G)ウィルス感染細胞(H)ウィルス(I)活性化Th1、CTL(細胞障害性T細胞)、NK細胞(J)抗原、mitogen

10
I型IFNの機能には、(A)、(B)、(C)、(D)などがある。

(A)抗ウィルスタンパク(二本鎖RNA(dsRNA)依存性プロテインキナーゼR(PKR))の産生を誘導することにより、ウィルスの複製を抑制。(B)NK細胞のウィルス感染細胞、腫瘍細胞に対する障害作用を増加。(C)MHC-T分子の表現を増強し、CTLの働きを促進。(D)U型IFNと類似した免疫調節機能

11
U型IFNの機能には(A)があり、(A)には(B)、(C)、(D)、(E)、(F)がある。他に(G)の機能もある。

(A)免疫調節作用(B)マクロファージを活性化(C)APCにMHC-U分子の表現を促進し、抗原提示能力を増強(D)MHC-T分子の表現を促進し、NK細胞とCTLの能力を増強(E)B細胞の増殖分化を促進(F)Th2細胞の増殖の抑制とサイトカイン分泌を抑制(G)T型IFNと類似した抗ウィルス活性と抗腫瘍活性

12
TNFにはTNF-αとTNF-βが存在し、それぞれ(A)、(B)から産生される。機能としては、低濃度の場合(C)、(D)、(E)作用があり、高濃度の場合は(F)。

(A)マクロファージ、T細胞、NK細胞、肥満細胞(B)活性化T細胞(C)炎症反応を誘導(白血球を炎症部位へ遊走)(D)MHC-T分子の表現を促進し、CTLの能力を増強(E)腫瘍細胞を直接殺す(F)発熱、造血抑制、新陳代謝を乱す

13
ケモカインの走化因子のCXCサブファミリの代表は(A)である。産生する細胞は(B)、(C)と(D)で、(E)や(F)を引き寄せる。GFの中のTGF-βの産生細胞は(G)、(H)、(I)、(J)で機能には(K)、(L)、(M)、(N)などがある。

(A)IL-8(B)活性化単球(C)マクロファージ(D)内皮細胞(E)好中球(F)T細胞(G)T細胞(H)B細胞(I)マクロファージ(J)腫瘍細胞(K)T、B細胞の増殖を抑制(L)NK細胞の活性化を抑制(M)マクロファージの活性を抑制(N)線維芽細胞の増殖因子
Cf.GFにはTGF-β、EGF、FGF、NGFがある。
posted by menekigaku at 03:20| サイトカイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月03日

補体系


補体とは脊椎動物の(A)や(B)に含まれ、(C)や(D)などによって活性化されると、(E)を持つ(F)および(G)である。また、補体は、(H)、(I)、(J)という部分から構成される。補体は主に(K)と(L)で産生され、普通は(M)で存在している。(N)℃(O)分で活性を失う。また、補体は(P)、(Q)、(R)に関与する。補体の活性化には(S)、(T)、(U)という経路がある、

(A)正常血清(B)組織液(C)免疫複合体(D)微生物多糖類(E)酵素活性(F)タンパク質(G)調節タンパク関連レセプター(H)固有成分(I)調節分子(J)レセプター(K)肝細胞(L)マクロファージ(M)非活性状態(N)56(O)30(P)炎症反応(Q)マクロファージの活性化(R)細胞膜溶解作用(S)古典経路(T)第2経路(二次経路、副経路)(U)レクチン経路(MBL経路)
Cf.古典経路は感染後期に働き、免疫特異性と関連がある。それ以外は感染早期に働き、抗体非依存性である。


補体型の古典経路を導く物質は(A)、(B)、(C)、(D)などの(E)である。細菌の表面に(A)が結合すると構造が変化し、(F)の結合部位が現れ、(F)が結合する。(F)は(E)に結合する大きな分子である(G)に(H)である2分子の(I)と2分子の(J)が集合した複合体となっている。またこの(K)の形成に(L)の存在が不可欠である。(K)の(M)が(N)を一箇所切断し活性型になる。酵素となった(N)は(O)を切断する。また(N)は(P)依存性に(Q)と結合し、切断するので、(O)と(Q)から(R)が産生される。(R)は(S)変換酵素で(S)を切断し、一部と結合して(T)を形成する。(T)は(U)変換酵素で(U)を切断する。(U)の大きな断片である(V)は(W)と(X)と結合し、(Y)となる。(Y)は(Z)と結合し、(ア)となる。(ア)は複数の(イ)と結合し、(ウ)となり、(エ)を形成し、細胞を溶解させる。

(A)IgM(B)IgG1(C)IgG2(D)IgG3(E)抗原抗体複合体(F)補体第一成分C1(G)C1q(H)酵素前駆体(I)C1r(J)C1s(K)C1複合体(抗体のFc部分にC1qの球状の頭部が結合)(L)カルシウムイオン(M)C1r(N)C1s(O)C4(P)マグネシウムイオン(Q)C2(R)C4b2a(中国ではC4b2b)(←4b2aの上に線を引く。aは分割された成分の小さな部分、bは大きい部分を指す)(S)C3(T)C4b2a3b(中国ではC4b2b3b)(←4b2a3bの上に線を引く)(U)C5(V)C5b(W)C6(X)C7(Y)C5b67(Z)C8(ア)C5b678(イ)C9(ウ)C5b6789n(エ)MAC(membrane attack complex)


補体系の第二経路を活性化させる物質には(A)などがある。多くは(B)で(C)に補体を活性化するものである。(D)は血漿中で常に低レベルで加水分解されているが、(E)が(B)に結合すると、(F)の存在下で(G)と結合し、(H)となる。(H)は(I)と結合すると(I)は(J)を切断するので(K)が生成される。この(K)は第二経路の(L)である。その後(K)は(M)と結合し、(N)になるが、この(N)は(O)である。その後は古典回路と同じようにMACが形成される。

(A)LPS、凝集したIgA、IgE、IgD、IgG、微生物、感染細胞、腫瘍細胞(B)病原体の表面(C)抗体非依存的(D)C3(E)C3b(F)マグネシウムイオン(G)B因子(H)C3bB(複合体)(I)D因子(J)C3bB(複合体)のB因子(K)C3bBb(複合体)(L)C3変換酵素(M)C3b(N)C3bBb3b(複合体)(O)C5変換酵素
Cf. 自己の細胞膜表面に結合したC3bはH因子と結合し、その後I因子によって不活性化される。


古典経路や第2経路以外の補体系に(A)がある。活性化させる物質は(B)で、(B)は(C)に似た構造になっている。(B)に(D)、(E)が結合し(F)となり、(G)の代わりとして、働く。(B)は病原体に含まれる(H)に結合すると、構造変化が起こり、(I)が活性化し、古典経路と同じように、(J)と(K)が切断され、(L)が生成される。また、(F)の形成には(M)の存在が不可欠である。

(A)レクチン経路(MBL経路)(B)MBL(マンナン結合レクチン)(C)C1q(D)MASP-1(MBL-associated serine protease)(E)MASP-2(F)MBL複合体(G)C1(H)マンノース(I)MASP(J)C4(K)C2(L)C3変換酵素(M)カルシウムイオン


補体系の調節に関しては、細胞膜に結合した(A)に(B)が結合し、MAC形成を防ぐことにより行われる。また(C)は活性型C1複合体から(D)や(E)を除去したり、(F)から(G)を除去することにより、経路の活性化を停止する。その他にも(H)、(I)、(J)も補体系の調節に働く。

(A)C5b678(複合体)(B)CD59(C)C1 inhibitor(C1抑制因子)(D)C1r(E)C1s(F)MBL複合体(G)MASP(H)C4b結合タンパク(C4結合タンパク)(I)H因子(J)I因子


補体の生理学機能としては、(A)による細胞溶解と補体の(B)によるものがある。多くの細胞の膜には(C)が存在している。細菌に補体の(D)と(E)と(F)が結合したのものは、食細胞の(C)と結合し貪食される(G)作用がある。抗原抗体複合体に(H)と(I)が結合した血液細胞(RBC、血小板)は(J)にて貪食、排除される。肥満細胞や好塩基球は(K)や(L)と結合すると(M)などを放出し、アレルギー反応を引き起こすので、(K)や(L)は(N)と呼ばれる。また(K)と(L)は食細胞の炎症部位への遊走も促す。(O)と(P)には(Q)作用があり、血管の透過性を亢進させる。免疫調節作用としては、抗原をBCRで認識した未成熟なB細胞の(R)に(S)が同時に結合することにより、B細胞の成熟が促される。また、(T)を起こした細胞に補体の(U)などが結合すると、マクロファージに貪食され処理される。

(A)MAC(B)活性化産物(C)補体レセプター(CR)(D)C3b(E)iC3b(F)C4b(G)非特異的オプソニン(H)C3b(I)C4b(J)肝臓(K)C3a(L)C5a(M)ヒスタミンやサイトカイン(N)アナフィラトキシン(O)C2a(P)C4a(Q)キニン様(R)CR1(CR2?)(S)C3b(T)アポトーシス(U)C1q、C3b、iC3b
Cf.抗原抗体複合体上のC3bとC4bが赤血球上のCR1に結合することを免疫粘着現象と言う。
posted by menekigaku at 10:24| 補体系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月19日

抗体


抗体とは抗原と特異的に結合できる(A)である。抗体の(B)を持つ、あるいは(C)が抗体と類似するグロブリンを(D)と言う。(D)は(E)や(F)として存在する。

(A)糖蛋白(B)生物活性(C)化学構造(D)免疫グロブリン(E)膜免疫グロブリン(F)分泌型グロブリン


免疫グロブリンは構造上(A)鎖と(B)鎖に分けられる。抗原と結合する(C)末端側の部分の(D)と結合しない(E)にも分けられる。さらに(D)の中でアミノ酸の置換率が大きい3箇所の抗原と結合する領域を(F)と言う。(A)鎖間のS-S結合が存在し、可動性のある部分を(G)と言う。抗体の中の約(H)個のアミノ酸から構成された球状の領域で(I)を持つ部分を(J)と言う。(B)鎖は(K)に分けられ、(A)鎖はIgGとIgAとIgDでは(L)に分けられ、IgMとIgEでは(M)に分けられる。その他に形質細胞から合成されたポリペプチドの(N)や粘膜上皮細胞から合成されたペプチドの(O)も存在する。

(A)H(B)L(C)N(D)可変部(V領域)(E)不変部(C領域)(F)超可変部(G)蝶番部(ヒンジ領域)(H)110(I)生物学機能(J)ドメイン(K)VLとCL(L)VHとCH1とCH2とCH3(M)VHとCH1とCH2とCH3とCH4(N)J鎖(O)分泌成分


ドメインに関しては、VHとVLは(A)と結合する部位で、CH1とCH2とCH3とCLは(B)の存在場所であり、CH2(IgG)とCH3(IgM)は(C)成分の(D)の結合部位である。CH2(IgG)とCH3(IgG)は(E)と関連があり。CH3(IgG)とCH4(IgE)は(F)に関与する。

(A)抗原(B)Ig遺伝子マーカー(C)補体(D)C1q(E)IgGの胎盤通過性(F)免疫細胞の活性化


抗体を分解する酵素としては、三部分に分解する(A)とニ部分に分解する(B)がある。(A)によって、それぞれ一つの(C)と結合する(D)と他の免疫細胞の(E)する(F)に分解される。(B)によっては、二つの(C)と結合する(G)と生物活性のない(H)に分解される。

(A)パパイン(B)ペプシン(C)抗原決定基(D)Fab(E)機能を調節(F)Fc(G)F(ab’)2(H)pFc’


抗体には(A)があり、(B)として(C)と結合することと、(D)として、(E)を起こす。また(F)により、(G)、(H)、(I)のタイプに分けられる。

(A)二重性(B)抗体(C)抗原(D)抗原(E)免疫反応(F)抗原特異性(G)イソタイプ(アイソタイプ)(H)アロタイプ(I)イデイオタイプ


イソタイプでは、(A)において、Igの(B)は同じであり、抗原決定基は(C)にある。アロタイプは、同種動物の別の個体により(D)として認識され、(E)に異なる。イデイオタイプは異なる(F)から産生される(G)の持つ(H)である。

(A)種の中のすべての個体(B)抗原決定基(C)C領域(D)抗原(E)遺伝的(F)B細胞クローン(G)抗体可変部(V領域)(H)抗原特異性


抗体はH鎖のC領域の(A)により(B)、そして(C)に分けられる。またL鎖C領域の(A)により(D)と(E)に分けられる。

(A)抗原特異性(B)クラス(C)サブクラス(D)κ型(E)λ型
クラス:IgG IgA IgM IgD IgE サブクラス:IgG1 IgG2 IgG3 IgG4 IgA1 IgA2 IgA3 IgM1 IgM2


抗体の生物学活性に関しては、V領域の機能として、(A)し、これにより、抗原の(B)を担ったり、(C)する。また(D)を(E)させる。免疫細胞の作用と関連して、(F)、(G)があり、また(H)とも関連している。他の機能として、IgGは(I)があり、SIgAは(J)の保護作用がある。またIgAは補体の(K)を活性化させる。(L)は成熟したB細胞に存在するので、B細胞の成熟マーカーとなっている。

(A)抗原を識別し結合(B)中和作用(C)食作用を促進(D)補体系(E)活性化(古典経路と別経路)(F)オプソニン作用(G)ADCC(antibody-dependent cellular cytotoxicity)作用(抗体依存性細胞障害)(H)過敏症(アレルギー)(I)胎盤通過性(J)粘膜表面(K)別経路(L)IgD


オプソニン作用とは抗原が(A)や(B)などの(C)と結合すると(D)が促進されることである。ADCC(antibody-dependent cellular cytotoxicity)作用(抗体依存性細胞障害)とは、標的細胞に(E)が結合している場合に、(F)を介して(G)が結合し、細胞傷害をおこすことを言う。(H)の表面の(I)が抗原と結合すると、(H)から(J)が放出され、アレルギーを引き起こす。(K)や(L)では(I)の濃度は増加する。

(A)抗体(B)C3b(C)オプソニン(D)食作用(E)抗体(F)Fcレセプター(G)NK細胞(H)肥満細胞(I)IgE(J)ヒスタミン(K)過敏症(L)寄生虫感染患者

10
抗体の中で血清中の濃度が最も高い(75から80%)のは(A)で半減期は(B)。(C)、(D)、(E)、(F)という作用がある。IgMは感染の(G)期に産生されるIgであり、半減期は(H)。

(A)IgG(B)長い(21から23日)(C)胎盤通過性(D)補体活性化(E)オプソニン作用(F)ADCC(G)早(H)短い(5日)

11
Igは(A)、(B)、(C)という遺伝子群によりコードされている。(A)には(D)、(E)、(F)、(G)の遺伝子があり、(B)と(C)には(H)、(I)、(J)の遺伝子がある。

(A)H鎖遺伝子群(B)κ鎖遺伝子群(C)λ鎖遺伝子群(D)V遺伝子(E)D遺伝子(F)J遺伝子(G)C遺伝子(H)V遺伝子(I)J遺伝子(J)C遺伝子

12
クラススイッチとは、B細胞が(A)などの刺激を受け、抗体の(B)分泌から(C)や(D)の分泌へと変わる現象である。メカニズムとしては(E)の分化中に(F)が保たれたまま(G)をコードする遺伝子の(H)が起こるため、抗体の(I)が変化することによる。サイトカインの(J)の影響で(C)へと、(K)の影響で(D)へと変化する。

(A)抗原(B)IgM(C)IgG(D)IgE(E)B細胞クローン(F)V-D-Jの配列(G)C領域(H)再配列(I)H鎖(J)IFN-γ(K)IL-4

13
モノクローナル抗体は、一つの(A)から分泌された抗体分子で、ある特定の(B)としか結合できない。通常(C)と(D)を(E)を用いて融合性した(F)を用いて抗体は産生される。また抗原は一般に複数の(B)を持つので、それによって産生された抗体は(G)に由来する。よって抗体分子は必ずしも同じ性質を持たない。この抗体を(H)と言う。(H)は(I)から分離される。

(A)B細胞クローン(B)抗原決定基(エピトープ)(C)抗体産生細胞(D)骨髄腫細胞(E)PEG(ポリエチレングリコール)(F)ハイブリドーマ(hybridoma)(G)クローンの異なるB細胞(複数の種類の抗体産生細胞)(H)ポリクローナル抗体(I)免疫血清
Cf. 抗体はもともと生体防御タンパク質なので、一般のタンパク質と比べて安定性が高く半減期が長い。標的と結合した後、生体の免疫機構を利用するため、増幅効果を期待できる。
posted by menekigaku at 15:56| 抗体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。