2012年04月30日

免疫寛容


免疫寛容とは(A)は正常であるが、(B)が(C)に対して、(D)を起こさない状態を言う。この(D)を起こさない抗原を(E)と言う。また、(F)に対して(D)が低下、または(D)を起こさない状態を(G)と言う。

(A)免疫応答(B)免疫系(C)特定な抗原(D)免疫応答(E)トレロゲン(tolerogen)(F)すべての抗原(G)免疫抑制


免疫寛容の分類としては、(A)免疫寛容と(B)免疫寛容、(C)免疫寛容と(D)免疫寛容、(E)免疫寛容と(F)免疫寛容に分けられる。特徴としては、(G)、(H)、(I)、(J)などがある。

(A)先天的(B)獲得(C)完全(D)不完全(E)中枢性(F)末梢性(G)抗原特異性(H)抗原で誘導(I)移す可能性(J)非遺伝性


中枢性免疫寛容とは(A)で、(B)が(C)を認識すると、(D)が除去されることを言う。末梢性免疫寛容とは(E)が(F)で(G)と接触すると、この(H)が抑制されることを言う。また、(I)、(J)、(K)などに関連して、免疫寛容を誘導する治療も行われる。

(A)中枢性免疫器官(B)未熟免疫細胞(C)自己抗原(D)自己反応性細胞クローン(E)成熟リンパ細胞(F)末梢リンパ組織(G)自己抗原(H)自己反応性リンパ細胞クローン(I)アレルギー症(J)自己免疫疾患(K)器官移植


クローン選択説とは、1957年に(A)によって提唱されたもので、(B)に対して特異的に反応する(C)が(D)的に(E)として存在し、(F)に刺激した抗原は(G)を活性化させるが、(H)に刺激した抗原は(I)を抑制するというもので、この抗原を(J)と言う。1959年に(K)によって提唱された修正クローン選択説では、抗原と接触した(L)は(M)を引き起こし、抗原と接触した(N)は(O)されるというものである。

(A)Burnet(B)あらゆる抗原(C)抗体(D)先天(E)免疫細胞(F)生後(G)特異的クローン(H)胚胎期(I)特異的クローン(J)禁止クローン(forbidden clone)(K)Ledenberg(L)未熟リンパ球(M)クローン流産(clonal abortion)(N)成熟リンパ球(O)活性化
posted by menekigaku at 00:50| 免疫寛容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。