2012年03月05日

序論


免疫とは、(A)を予防したり、生体内の(B)を排除したり、(C)を監視するためにできた、(D)である。

(A)病原微生物の侵入(B)老廃化した細胞(C)細胞異変や腫瘍の発生(D)生理的機能


免疫という生理的機能を担う生体の機構を(A)と言い、(A)は(B)、(C)と(D)から構成される。また(A)は(E)にコントロールされる。さらに、(F)や(G)なども関わり、生体内および生体外に対して(H)を担当する。

(A)免疫系(B)免疫器官と免疫組織(C)免疫細胞(D)免疫分子(E)遺伝子(F)神経系(G)内分泌系(H)防衛作用


免疫系には(A)、(B)と(C)という機能があり、(A)は正常に機能すれば、(D)を行うが、異常に働くと(E)を引き起こす。(B)は正常に機能すれば、(F)を行うが、異常に働くと(G)を引き起こす。(C)は正常に機能すれば、(H)を行うが、働きが損なわれる場合(I)の発生が起こりうる。

(A)免疫防御(B)免疫安定(C)免疫監視(D)感染防御(E)過敏症と慢性感染症(F)老廃化細胞の排除(G)自己免疫疾病(自己免疫疾患)(H)異常細胞の監視(I)腫瘍


免疫系が抗原の出現に対し、それを排除しようとする過程が(A)である。(A)は識別特徴や獲得形式、働き、機構により、(B)と(C)に分けられる。
(B)は生まれつき備わるもので、(D)の抗原に対する抵抗を示す。(E)期に働き、(F)を排除あるいは、その増殖を抑制する。細胞の(G)と(H)が主に担う。
(C)はある(I)な(J)が(I)な抗原と反応し、その抗原を排除することである。この応答は(K)期に働く。異物を排除する機能が強い細胞である(L)と(M)が関わる反応である。

(A)免疫応答(B)自然免疫応答(固有免疫)(C)適応免疫応答(獲得免疫)(D)幅広い種類(E)感染早(F)病原微生物(G)顆粒球(H)マクロファージ(I)特異的(J)免疫細胞(K)感染後(L)T細胞(M)B細胞


自然免疫応答(固有免疫)の特徴に、(A)(B)(C)(D)などが挙げられる。適応免疫応答はその逆である。

(A)抗原の種類と無関係(B)即時性(C)抗原特異性がない(D)免疫記憶がない
posted by menekigaku at 20:47| 序論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。